• 期間従業員に関して知っておきたいこと

    期間従業員とは、決められた期間だけ働く従業員を指す言葉です。



    一定期間働き双方の意思が変わらなければ契約を更新できるという点では派遣と似ています。

    しかし期間従業員は企業と直接雇用関係を結ぶという点、そして正社員と近い待遇で雇ってもらえるという点が派遣と大きく異なります。その条件は企業によって異なります。
    勤務時間や残業手当、給与など全く違うこともあるので、申し込む前に一度調べてみましょう。



    住み込みで勤務する場合、寮の費用が支給される企業もあります。
    若いと採用される確率が高くなり、かなり良い条件で勤務することができる場合もあります。


    しかしその反面40歳を超える高齢の場合は採用されにくい、勤務する部署によっては体力がいるところもあるなどのデメリットもあります。こういったことから、期間従業員として働いている人は20代から30代の若い人が多いのです。


    募集している企業は製造業がほとんどです。
    特に大手の自動車関連からの募集は特に多くなっています。


    その他にも航空機関連の製造を行っている企業からの募集もあります。各企業のホームページに募集要項が載っており、そこから応募できるようになっています。



    こちらの方法で募集をしている仕事内容は、正社員が行っているものと少し違います。
    そのため、ここから正社員として採用されるのはかなり難しいのです。

    しかし全くいないわけではありません。

    ここから正社員を目指したいという方は周りの人と連携をし、仕事をまじめにこなすということを忘れないようにしましょう。